オフィスの現場ではそれを買わずに借りている

現代社会で生活するためには、特に商売活動を行う場合はコピー機の存在が欠かせなくなっています。その機械は大きく2つの形状に分類されまして、1つは業務用でもう1つは家庭用になっています。家庭用が普及したのは比較的最近のことですが、業務用の場合は古くからオフィスや図書館、さらにコンビニなどでその姿を見ることができました。しかしそのオフィスなどで見かけるこのコピー機は多くの場合はそれを買わずに借りてるのが現状となっています。

そのコピー機を多くの商売業者が買わずに借りてるにはそれなりの理由があります。まず第一にそれを買おうとすると多額のお金が必要になります。業務用の場合はその大きさと性能からして何十万円の価格を必要とし、特に中小企業の場合だと一気の初期費用購入では一時的に財政が不安定になってしまいます。その機械は一度購入したらそれで永久に使えるわけではなく、いずれダメになる時が来ます。その際の買い替えでは金銭的にも心理的にも一気のダメージが来やすくなります。そのため経費を均等化しやすくするために借りたほうが財政的には安定しやすくなります。もう1つの理由は商売活動では商売道具には固定資産税が課税されてしまいます。そのためそれを回避するための対策として借りるほうが面倒を回避しやすくなるからです。


同じ借りるでも2つの選択肢が存在してるので

そのために多くの商売業者ではコピー機を借りているのですが、この借りるでは2つの選択肢があることに注意しないとなりません。そのうちの1つがレンタルでもう1つがリースとなります。この2つは同じ借りるでもまったく内容や過程が異なっています。まずレンタルの場合はお金さえ払えれば誰でも申し込むことが可能となります。対してリースの場合は誰でも借りることは不可能で、事前審査を必要とします。審査の内容では商売活動の実績や資金繰り、経営者などが調査されます。そのために審査次第では却下されてしまう場合があります。そのために一見するとレンタルのほうがハードルが低くなります。

しかしレンタルの場合は誰でも借りられる代わりにリースに比べて内容に見劣りがしやすい傾向となります。まず第一に借りられる機種に制限がつきやすくなります。借りられる機種は大抵は中古品が多くて新品が借りにくくなります。それに毎月の月額費用は何日といった短期向けでお得になるように設定されていて、何か月や何年といった長期になるほどリースに見劣りしやすくなります。対してリースの場合は事前審査を乗り越えられると、借りたい機種も新品など選びやすくなります。それに多くの業者は存続している限りずっと必要なために長期契約の必要に迫られます。となると長期契約ではレンタルよりも割安なこちらのほうが得策になります。多くの商売業者がレンタルでなくてリースを選択しているのはそのためとなります。