メリットが大きいコピー機のリース

自社で最新式を定期的に購入することや、メンテナンスのことを考えると、リースでコピー機を手に入れたほうが業績や収益において利便性が高いといわれています。理由のひとつとして、リースを行うことによって、定期的なメンテナンス料金も含まれていることが多いからです。リーズナブルな月額料金の中に、メンテナンス料金も含まれていると考えれば、購入するよりも割安といえるでしょう。消耗品に関しては自己負担ですが、メンテナンス費用が含まれた代金となっている為、レンタルで長期利用し、一定期間活用する事でコストの面だけではなく、利便性にも大きな影響があるといえるでしょう。特にポイントといわれているのは、使いづらい機種かどうかを借りることで判断できることです。自社で購入すると平均的に10年は使用しなければなりませんが、リースであれば相性のよくない場合、別の機種を借りる契約を交わせる事もメリットといえます。企業として上手に活用できるのが、大きなメリットといえるでしょう。

利用前に平均的な相場価格を知っておく

平均的にコピー機といっても、最近ではオフィスの環境も関係している為、複合機と呼ばれるFAXやスキャナが付いた物となっていることが少なくありません。利用している機種によっては1台でオフィスの雑務をこなせる優等生といえるでしょう。利用しやすい物を見つけることが重要となっていますが、利用する料金の相場として挙げられているのは、機種によっても異なります。5年リースで5千円から1万5千円前後とされているため、企業ごとに対応が異なることは事実です。企業によって料金が大幅に異なる為、事前に確認してから申し込みましょう。基本的にリースされるコピー機は新品のものが大半となっており、中古はあまり見かけません。

コピー機をリースする場合、前もって業者に見積をもらうことが重要といわれています。業者の中でも料金に差が存在している為、事前に料金に付いて確認しておくこと、契約内容に関しても確認しておくことが重要といえるでしょう。リーズナブルな価格だけではなく、サービス内容が自社で希望している内容と合致するかどうかも、確認しておくことがスムーズに契約する一歩です。契約する場合、社内で検討を行い、納得できる情報を確認してから利用してください。

複数のオフィス家具と一緒にレンタルする事も検討

企業によってはコピー機と一緒に複数のオフィス家具をもレンタルしていることが多いため、一括で両方をリース契約することで、通常よりも割安となる可能性があるといわれています。また、企業によっては独自のサービスや割引に付いて展開している為、事前に相談して、納得できる内容であれば申し込んでください。利便性やメンテナンス内容、アフターケアをも踏まえて契約することが、満足できるコピー機を導入できるポイントといえます。