コピー機リースは企業のコストダウンにも貢献できる

コピー機は企業側が購入という選択を選ぶことで、家庭用の機種とは異なりかなり大きな出費が発生をします。家庭用の価格を知っている人であれば、今では比較的安価な種類もあるので、値段も安くてよさそうなイメージです。でも家庭で使う種類と企業で使う機種は全く異なり、ビジネスで活用をする機種はお値段も馬鹿にはなりません。選択肢としてリース契約をした場合だったら、借りるので初期費用は一切かからないです。企業で導入をするコピー機は高額な買い物になるので、借りることでお金を一気に無くすことにはなりません。大事な会社のお金が一気に出ていかないので、その分を企業の運転資金にまわすことができます。

借りることでランニングコストを把握できる

ランニングコストはわかりにくいよりも、わかりやすい方が良いに決まっています。コピー機に関しても同様であり、リースにすることで購入をするのとは異なり、毎月の支払い料金は自動的に経費扱いです。経費になれば数字は明確です、リースの場合であれば、メーカーとの契約で月額使用料金も固定されています。毎月いくらリース代にかかるのかわかるので、会社側としても、ランニングコストをいつでも把握できるのはメリットです。

コピー機はリースをすることにより、メーカーとの相談で利用期間を決めることができます。借りるスタイルですから企業側には所有権がなくまたその必要もありません。固定資産で決められている法定耐用年数を考慮することになりますが、借りるスタイルは自由です。リースができる期間は法律で決められている機関があって、年数は3年間から6年間の間になります。メーカーとの利用期間の契約が終わったら、機器はメーカーに返却をするだけで取引は完了です。新たにリースの契約をしたいのであれば、今度は新しい機種を選ぶこともできます。借りられる利用期間も割と短期出来ですから、任意での設定は企業側からしても気軽な取引です。

リースは所有権もなく税金の心配もなし

事務における様々な管理は、意外と仕事量を増やしてしまうことになりますので、従業員としてもあまり重要ではない管理は、正直なところ削減できたらと考えます。事務をする従業員だけの問題ではなく、企業側としても無駄は省いて業務は、できるだけ効率化した方が良いです。コピー機を購入するのではなく、あえてリースで利用をすることで、複雑になりやすい事務管理もする必要がありません。家庭用で使うものとは異なり、固定資産税がかかわるのが企業で取り扱うコピー機です。企業でもしも購入という形を選んだ場合に、所有権を企業が持つことになるので、税金の支払い義務が発生をします。ところが借りるスタイルをとることで、企業には所有権が発生しないので、当然ですが税金である固定資産税の支払いもありません。企業にとってはよいことばかりであり、作業も軽減できてコスト面も負担が減ります。